三義木担ぎ古道

昔交通が発達していなかった時期では、三義の山に生産された木材は全て人力に頼り勝興駅まで担ぎ、そこからまた台湾各地に運送されます。このトレイルはその時に多く利用される道でした。交通便利になったにつれ、一時期忘却されたが、近頃新しく整理され、今は大自然と親しむや桐の花の花見ホット.スポット。入り口は勝興駅の近くにあり、全長1.5KMで、往復するには45分かかります。トレイルの階段を登り、先人の苦労を追懐しながら、幽邃な深林に囲まれ、時がまるで100年も前に戻ったように感じられます。

 

三義旧木担ぎトレイル

住所:367苗栗縣三義鄉勝興村